ムラになるのはテクニックだけじゃなかった!?

私はセルフネイラーなのですが、どこかでジェルネイルの技術を対面で教わったことはありません。
(単発の短時間のセミナーには参加したことあるけど)
私のジェルネイルの先生は主にYouTubeで動画をアップされている方々です。
何本も何本も動画を視聴し、自分でもやってみようと思えるまで手順や道具を理解した上で基本一式を購入したのがもう5年前。

それから主に自爪、ときどきチップで経験を重ねた結果、今はリフトすることもなくフォルムを整えようとするあまり逆にボコボコになることもなく、人目に触れても恥ずかしくない程度のセルフなりのテクニックを身に付けました。

それでも今なお苦手としてきたのが淡色カラー塗布のムラです。
「もっとテクニックを磨きたい」そう思っていたのが実はあっさり解決したかも!!?というお話です。

 

筆は大事!

『弘法筆を選ばず』ということわざがあります。
「自分の技量不足を道具のせいにしてはいけない」という意味がありますが・・・
何をおっしゃる!道具選びは大事です!!

私は書道をしているのですが、そこでも師匠は言います。
「筆は選ばないと」と。
自分の書きたい字を書くためには見当違いの筆を使っていても書けないということ。
極端な例えですが、かな文字を書くのに条幅で使うような太く長い穂の筆を使っていては上達しないということ。

ジェルネイルも一緒だな~と思います。
苦手だ上達しないと同じ筆で四苦八苦するより、自分の手癖に合った筆を探す方がいいんじゃないかと思います。

 

筆もピンキリ

上を見ればお高い筆はたくさんあります。
2,000円を超えるものなんてザラですね。

でもセルフであくまでも自分のオシャレの為にやる範囲なら高価な筆を何本も購入するのは躊躇するし、高価だからと言って自分の手に合うとは限りませんもんね。

逆に安い筆なら100均からネットでも200~300円前後の筆もたくさんあります。
私はその価格帯の筆には使いにくさを感じていたのでかなり早い段階で使用をやめました。
かといって高価なものにシフトするのではなく1,000円前後の筆を使ってきたのですが、それでもムラに悩まされてきたのは要は手癖に合ってない筆を使っていたということだと思います。

筆もピンキリですが高価だからよい、安価だから悪いではなくあくまで自分の手癖にあった筆をいかに見つけるかということですね。
当然自分に合っていれば100均の筆でもいいということです。

 

たまたま出会った筆が良かった

先日通販の送料合わせの為にたまたま買った筆。
今まで使っていたものと同価格帯なんですが、それがビンゴだったんです!
なにが違うかと言えばやわらかさです。

まぁ何か月か使ってきた筆との比較となると正確さも欠きますが、だんぜんやわらかい。
私は筆圧が強いようなのでやわらかい筆だと圧を分散してくれて筆ムラを防いでくれます。
今までのは気にはなっていなかったものの硬かったようで圧が強いままジェルを引っ張っていたということですね。
やわらかい筆で塗布してみると本当にムラにならなくて感動しました。
私に合っているのはやわらかい筆だったんですね。

とは言っても店頭でも通販でも筆の硬さやわらかさは確認することはできないので、いろんな種類を試して合うものを見つけるしかないということ。
店頭では見本として触れるところもありますが、そういう店舗は有資格者のみ購入できる場合が多いのでセルフネイラーにとってはレビューなどを参考に選ぶしかないのがもどかしいですね。

 

おわりに

セルフネイルにかけられる費用は人によってさまざまですが、私のように道具(筆)であっさり解決することもあります。
その道具を見つけるのも何度も違うものを購入して行き当たることも考えられますが、同じように困ってる方が早めに解決できてネイルライフを楽しめたらなと思います。

コメント